【簿記で再就職】主婦のスキマ時間活用術!片手間で合格する方法徹底攻略

再就職のために簿記資格を取得したいとお考えの主婦の方は多いと思います。しかし、主婦業をこなしながらどのように学習時間を確保すれば良いのか、本当に合格できるのかは悩みどころでしょう。 結論から申し上げると、工夫次第で十分な学習時間を確保できますので、片手間合格は十分可能です。男目線の管理人では主婦の皆様に対する説得力に欠けるため、嫁に頼み込んで主婦のスケジュールを具体例として徹底分析し

続きを読む

スキマ時間で日商簿記に合格可能!?サラリーマンの時間活用テク

「残業や仕事でまとまった学習時間が確保できない!」とお嘆きの方、「資格は苦労して取得するもの」とお考えの方は多いと思います。しかし、スキマ時間を上手に活用出来れば、1日2時間程度は学習時間を確保することが可能となっています。 スキマ時間で学習時間を確保出来れば、帰宅後無理して学習時間を確保せずに済むので体が楽!そして、週末はお出かけ・家族サービス・遊びに時間を使う余裕も出てきます。

続きを読む

簿記と相性の良いダブルライセンス、次に取る資格はどれが良い?

既に簿記は取得しているけど、次に取得すべき資格で悩んでいる方を対象としてダブルライセンスの情報をランキング形式でまとめています。 皆様資格取得のお手軽さや、組み合わせすることの相乗効果が高い資格をお探しの事と思いますので、簿記と相性が良く就職・転職に有利なダブルライセンスについて厳選&徹底リサーチしています。 現段階で簿記資格を取ろうかどうか悩んでいる方も、簿記取得後のステップ

続きを読む

日商簿記は本当に就職・転職に本当に有利?需要や待遇を徹底調査

簿記を持っていれば、業界・職種問わずどのような会社でも入り込む事が可能なので、高い需要のある資格の代表格と言って良いでしょう。 本記事では、簿記資格が「本当に就職・転職に有利に働く資格なのか?」を様々な統計データを交えつつ深掘りしてみたいと思います。 厚生労働省の求人情報統計から簿記資格の需要をチェック 厚生労働省が毎月発表している統計情報から、簿記資格の

続きを読む

【日商簿記】主婦・サラリーマンが一発合格する勉強時間と開始時期

日商簿記に合格するにはどれ位勉強時間を確保すれば良いのか、何ヶ月前から勉強を始めれば間に合うのかは誰しも疑問に思う事です。情報を集めてみると下記のような範囲で記載されている事が多く、情報にも幅があることが分かると思います。 ■簿記の合格に必要な勉強時間の情報(一般論) 等級 時間 日商簿記3級 50~100時間 日商簿記2級 150

続きを読む

簿記検定の種類と難易度の違い、比較で分かる簿記検定徹底解説!【日商・全経・全商】

皆さんの親御さんが金融機関にお勤めだった場合、ほぼ100%日商簿記の何れかの等級を取得されていると思います。しかし、簿記は開催団体が3つ存在しており、同じ等級でも難易度が異なっている事をご存知でしょうか。 今回は、簿記にはどのような資格等級があって主催団体はどのように別れているのか、簿記の種類や難易度を体系的に整理します。さらに、どの団体でどの等級をターゲットに据えれば最もメリットが

続きを読む

日商簿記の合格率が低い理由、合格率から試験の難易度を傾向分析

日商簿記の資格試験の等級は、初級~1級まで存在しますが一般的な資格試験に比べて合格率が低くなる傾向にあります。今回は、各資格等級別の合格率と受験者数の推移を交えながら、何故合格率が低くなってしまうのか傾向分析を実施したいと思います。 日商簿記と親和性の高い資格群の合格率 簿記の合格率を相対的に比較するための目安として、簿記と相性が良くネームバリューの高い資格の合格率を参

続きを読む

日商簿記検定の申込み方法/試験日/受験料/受験資格、試験情報を総まとめ

本記事では、日商簿記検定の申し込み方法・試験日・受験料・合格基準・受験資格などの試験情報など、試験を受けるにあたっての基本的情報をまとめています。 日商簿記1・2・3級は、商工会議所が窓口となって開催される試験ですので、申し込み日程・方法に関しては商工会議所次第という点が一般的な資格試験と異なる点と言えるでしょう。 本記事で大まかな流れを把握した後は、受験予定の商工会議所のホー

続きを読む

管理人へのお問い合わせ

こんにちは、サイト管理人です。当サイトでは、皆様の質問やご意見を承ります。当サイトに対するリクエストや、感想、突っ込み、ご意見などお気軽にご連絡ください。 こんな疑問・お悩みはありませんか? 資格テキストはどうやって選んでるの? 管理人は何時もどうやって勉強しているの? ◯◯が分かりづらいからもっと詳しくレポートして! この通信講座どう思う? 管理人は勉強

続きを読む

運営者情報

免責事項 当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、お客様ご自身の責任において行っていただけますよう、お願い致します。当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきまして、当サイトは一切責任を負いません。商品やサービスのご購入に関する最終的な判断は、ご自身の責任で行って頂ますようお願い致します。 当サイトに記載されている情報は細心の注意を払って

続きを読む